Friday, August 11, 2006

目の病気ってどのようなもの?

病気は、一般的に発症する部位によって分類されますが、目の病気も同様です。

主なものとしては、まぶたの病気、角膜・強膜の病気、水晶体の病気、硝子体の病気、眼底の病気、視神経の病気などがあります。

まぶたの病気として最も有名なのは、一般に“ものもらい(麦粒腫)”で、ブドウ球菌などに感染することによって起こります。  私もものもらい良くなりました(悲) あれ、おいわさんのようにまぶたがはれあがって大変なんです。

水晶体の病気としては、白内障がよく知られていますが、これは目のレンズである水晶体に濁りが生じる病気です。

眼底の病気としては、網膜剥離などが知られています。これは加齢や体質が関係して起こる場合がほとんどですが、ぶどう膜炎や眼球腫瘍によって起こる場合もあります。

網膜剥離は視力の急速な低下を引き起こすため、早急な治療が必要になります。

硝子体の病気には飛蚊症などがあります。これは硝子体に生じた浮遊物が網膜に影を落とすことで、蚊が飛んでいるように見える病気です。

飛蚊症は生理的なものであり、特に心配することはありませんが、まれに網膜剥離などの前駆症状として起こることもあります。 でも、この視界に見える蚊ようなものかなり、前から見えるんですよね。 子供のころから、大丈夫なのでしょうか。

test

test